MENU

※ホットヨガの注意点※

ホットヨガを行うときの注意点をまとめました!
温かい環境でヨガを行うのでケガのリスクが減りますが、いくつか注意点はあります。
普通のヨガに比べてメリットがたくさんありますが、蒸し暑い中で運動するわけですから、少々の負担はあります。体調不良を起こさずに、効果を得るための鉄則、注意点を紹介するので参考にしてください。

 

・食後すぐにヨガをしないこと
食後すぐにヨガを行うと、気分を悪くする原因になります。レッスン中に体調を崩して、これではヨガの意味がありません。
どうしても小腹が空いているときはバナナ1本やおにぎり1個など軽食で済ませてください。または時間を置いてからレッスンを受けましょう。
また、レッスン直後にがっつり系のご飯を食べると栄養がぐんぐん吸収されて逆に太りやすくなってしまいますから注意してくださいね!

 

・ムリに毎日続けないこと
ヨガに比べて、ホットヨガは負担がかかるので、毎日続けるものではありません。もし、毎日続けるなら普通のヨガの簡単なポーズを織り交ぜた方がいいと思います。
ムリに続けてしまうと身体が追い付かなくなり、体調を壊しかねません。
また、レッスン中にもムリはNG!酸欠や脱水症状の原因になるので、自分のペースで休憩はとりましょう。
1日何度もレッスンを受けるのも、身体の不調の原因になるので注意してください。

 

・レッスン後の入浴に注意
レッスン後はお風呂に入って汗を流したいところですが、シャワーで済ませてください。
湯船につかると、心臓に負担がかかるため、身体に悪いです。レッスン直後でなければ入浴OKです。最低でも30分は置いてから入浴してください。
逆に入浴後すぐのホットヨガも良くありません。血行が良くなっている身体がさらに血行が促されるので注意しましょう。

 

・体調が悪いときは行わない
風邪を引いているときなど、体調が悪いときにはホットヨガはしないようにしてください。健康法でも、体調が悪いときには悪影響になってしまいます。

 

・こまめな水分補給を
ホットヨガの環境上、汗をたくさんかきます。ということは身体の水分が蒸発するので、こまめに水分を補給しないと脱水症状が起こりやすくなります。