MENU

普通のヨガとの違いとは?

ホットヨガと普通のヨガ・・・一体どこが違うのでしょう?

 

基本的に、独特のポーズの内容や呼吸法に違いはありません。
普通のヨガと同じように、ホットヨガでも身体を動かして、正しい呼吸法を行います。
大きな違いといえば、ヨガを行う環境です。

 

ホットヨガは、文字通り、暑い中で行います。
室温は38〜40℃で湿度が55〜60%に設定されています。
もともとヨガはインドなどから伝わっていますから、本来の蒸し暑い環境の中で行うことが特徴的です。

 

普通のヨガと違い、蒸し暑い分、汗をかきやすくなります。
気持ちよく発汗できるのが特徴的で、温かい中で行うことで筋肉もほぐれやすく、ケガもしにくいというメリットがあります。
冬場も夏と同様に暑い中でヨガができるのもメリット!

 

では、普通のヨガとホットヨガ、どちらが良いのか?効果が高いのか?
この件については、どちらかが特別優れているわけではありません。
ホットヨガの方が汗をかきやすくデトックス効果が高いと言われていますが。

 

はっきり言って、どちらを選ぶかは好みの問題ですね!
個人的にはどちらかというとホットヨガの方がリラックス効果も感じられるのでおすすめです。